スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加計呂麻キャンプ その1

今年も行ってきた!実久には4年連続だ。
なんで実久なのって聞かれたら、キャンプのやりやすさが一番。キャンプサイトは木陰の間の草地だし、トイレはすぐそばにあるし、大雨が降れば広い屋根付きのバス待合所がある。
2番目はキャンプ場の傍のお店(カキ氷屋さん)のおばちゃんとおじちゃん。気さくで優しいし外の流しも貸してくれるし、お願いしたらゴミも処分してくれるんだ。
3番目はこのキャンプ場を訪れるキャンパーとの交流。子供たちは花火で、大人たちはお酒で楽しい会話が毎年あるんだ。
難点は、docomoの携帯が繋がらないことくらい。でもauはOKなんだよな!

と、いうことで今年は家族水入らずの4人で行ってきました。
天気予報とお店の都合から、3日から2泊3日の日程に決め、1日にはフェリーの予約。前日の2日土曜日には、壊れたテーブルの跡継ぎやバーベキュー用の炭、チャレンジでエアーベッドと電池式の空気入れ、奄美ミートで焼肉用のお肉などなどを仕入れて準備。
更には倉庫からキャンプ用品を出して揃っているかを確認した。

5月3日
3日分の食料を仕入れに平田町のタイヨーへ。
野菜や肉、ビール等の飲み物類、インスタントラーメンやソーメンの麺類。酒のつまみ用の乾き物や非常用の缶詰(つまみにもなるし!)、お菓子etc。
たくさん買い込んで、いざ出発は12時過ぎ。あ、そうそう子供用(大人も楽しい!)花火も買いました。

古仁屋の町に到着したら、まっすぐ漁港の製氷施設へGO!コイン式で氷を購入。300円で充分だ!
お次は、フェリー待合室がある海の駅「せとうち」へ。

H21050301.jpg
フェリーから見た海の駅

H21050302.jpg
満車状態のフェリー内部

フェリーの出航時間は午後2時。
その前に、フェリーの中で食べる昼食を買出しに。お使いは最年長の女性に決まってます。
最年長の父は、釣用の餌を仕入れ(子供に言ってあったが忘れてるようなので)に釣具屋さんへ。
中年長と最年少のボーイはその辺をぶらぶらしてる。

加計呂麻島の瀬相港に着いたら、そのまま実久へGO!
まずは、日陰作りとテント設営。そしてビールをグビっと!うめ~\(^ ^)/
そこへ、奄美市内の某郵便局長登場。
しばらく、話なんかしたあと、とりあえず自宅へ帰還したが、後から再訪予定なのだ。
H21050303.jpg
心地よい風とビールは格別です!

歳の離れた兄弟たちは、時間つぶしに近くでもない堤防へ魚釣りに出かけたりしたが、期待通りなにも釣らずに凱旋してきた。

七輪の火を熾していると、先ほどの某郵便局長が家族と差し入れを持って本日2度目の来訪。
その差し入れが凄いのだ!\(^^)/
まず、猪肉たっぷりにミズイカの刺身、おまけにオニギリ沢山。更にナント・・・越の寒梅まで~~~~
我が家の食糧事情を察してか、凄い差し入れ、大歓迎の嵐なのだ。

というこで、大ご馳走の宴会モード突入!といっても子供たち(30歳未満が4人)が食べる食べるで大賑わいのテーブルであった。
H21050307.jpg
宴会モードから一息ついたテーブル

H21050306.jpg
残り少なくなっきた食材

最後には、l塩サンマも凄い煙の中で焼いたのか燻されたのかわからない状態で口の中へ。
H21050304.jpg
真っ黒けのサンマ

それでも、食材が壊滅寸前で平和が訪れ、その後は大人の時間(酒飲み)となったのであった。

以上、第1日目の状況でありました。 就寝。

2日目以降は次回に・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。