ミズイカ釣りたくて行ってみた。

2月5日(土曜日)
先週に引き続き天気が良いようなので行ってみた。

でも、長靴、タモ網を忘れてのお出掛け。
途中で気づいたけどすでにかなり走った後。
まあ、寝坊して慌てたのが原因ですね!

言い聞かせました。自分に。
寒くはないので、サンダルでもOK。
タモは舟に2つもある。短いけど。

結局、困ることになるんだけどね!


さて、9時半頃、いつもの生勝港を出港。

まずは港のそばのポイントから。

数投で1杯目。

H29020501.jpg
前回に続いてコブシメ君の登場。
目が可愛い?と思います。
目ばかりで3Kg。
持って帰って量ったら2.5kg以上。
我が家の秤は、それ以上量れない。

H29020502.jpg
全景。
スミを流そうとタモを洗ってたら柄が折れました。腐ってたみたい。
残ってるタモの柄は更に短いが仕方ない。
イカ引きの場合、タモは短いととても不便だし、とても危険です。


当初の予定では湾奥を攻めてから枝手久島方面へ転戦の予定が、寝坊して出港が遅れたのでここで枝手久島方面へ。

到着。
どこを眺めてもベタ凪。
前回より風も穏やかで舟はゆっくり流れます。

H29020503.jpg
ミズイカ1杯目。
目ばかりで1.2kgくらいと思ったけど家で量ったら1.8kg。
私の目ばかりは不良品のようです。

今日は好調。
この後1.0kgのミズイカをキャッチ(写真なし)
ちなみに目ばかりでは0.8Kg。

H29020505.jpg
B地点付近。
とても穏やかで透き通っててコンデション抜群。
でもこの辺では釣れませんでした。
一度だけ良型のミズイカが追いかけてきて一瞬エギを抱いたように見えたんだけどすぐ離れちゃいました。
まあ、イカと目が合うくらいの距離でしたから・・・

ここらで昼食。
今日も旨いです。

H29020504.jpg
筏のほうを見ると二人の人影。
声は女性同志。
ライフジャケットも身に着けてましたし、本格的な感じでした。
ただ、あまり釣れてるようには見えませんでした。
他の筏には誰もいません。


午後の2時もまわってきたので午前中にミズイカが釣れた場所へ。
夜は飲み会があるので今日は早仕舞いの予定です。

H29020506.jpg
2.5kg以上
繰り返しますが、我が家の秤はそれ以上量れない。
映ってるエギは3.5号です。

この日は、この付近にイカが溜まってるようです。
ほぼ同じ場所で3杯釣れました。

慎重にやりとりしてたんですけど、最後にやられちゃいました。
H29020507.jpg
魚釣り用作業ズボンですからいいんですけど、さすがに舟の上では避けられませんでした。
サンダルの中もスミだらけ。


この後、もう1杯コブシメが釣れたけど小型だったのでリリース。

この日はこれで終了。
良い天気と釣果に恵まれ最高の一日でした。


なお、夜は屋仁川をはしごして無事死亡。
翌日曜日は二日酔いでほとんど寝てました(笑



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する