スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた行ってきた

2月9日から13日まで大阪の弟が帰省。
冬の爆風のなか舟が出せなかったので、何度か陸っぱりで南大島を回りました。

僕は釣れませんでしたが、弟はさすが釣きち!
最悪の天候の中、コブシメ2杯、ミズイカ1杯をキャッチしました。

H29020901.jpg
写真は宇検村の風裏、生勝付近の地磯。ここでは釣れませんでした。



弟が帰ったあとの19日の日曜日、友人と二人で舟でイカ釣りに出かけました。

H29021901.jpg

港近くの攻めたあと枝手久島方面へ転戦。

湾奥から枝手久島方面
H29021902.jpg
雲一つない空。
ちょっと風はありました。

H29021903.jpg
今日の1杯。
ミズイカはこいつのみ。
1kgちょいくらい?(量ってない)

友人もコブシメ1杯のみ。
今日は渋い!

H29021904.jpg
釣れないので早めの弁当。
今日は健康的にササミフライ弁当。
本当はトンカツが大好き(ニッコリ)


H29021905.jpg

B地点付近で釣れたガブネバリ(カンモンハタ)
小さいのでリリース。

昼頃から風向きや風の強さが増したこともあり、湾奥まで行って粘ってみましたが釣れず。
午後5時過ぎに撤収。


オマケ!
二日後の21日の午後。長浜町の船溜まりから市内方面。
H29022101.jpg
港内でも水は澄んでます。


ミズイカ釣りたくて行ってみた。

2月5日(土曜日)
先週に引き続き天気が良いようなので行ってみた。

でも、長靴、タモ網を忘れてのお出掛け。
途中で気づいたけどすでにかなり走った後。
まあ、寝坊して慌てたのが原因ですね!

言い聞かせました。自分に。
寒くはないので、サンダルでもOK。
タモは舟に2つもある。短いけど。

結局、困ることになるんだけどね!


さて、9時半頃、いつもの生勝港を出港。

まずは港のそばのポイントから。

数投で1杯目。

H29020501.jpg
前回に続いてコブシメ君の登場。
目が可愛い?と思います。
目ばかりで3Kg。
持って帰って量ったら2.5kg以上。
我が家の秤は、それ以上量れない。

H29020502.jpg
全景。
スミを流そうとタモを洗ってたら柄が折れました。腐ってたみたい。
残ってるタモの柄は更に短いが仕方ない。
イカ引きの場合、タモは短いととても不便だし、とても危険です。


当初の予定では湾奥を攻めてから枝手久島方面へ転戦の予定が、寝坊して出港が遅れたのでここで枝手久島方面へ。

到着。
どこを眺めてもベタ凪。
前回より風も穏やかで舟はゆっくり流れます。

H29020503.jpg
ミズイカ1杯目。
目ばかりで1.2kgくらいと思ったけど家で量ったら1.8kg。
私の目ばかりは不良品のようです。

今日は好調。
この後1.0kgのミズイカをキャッチ(写真なし)
ちなみに目ばかりでは0.8Kg。

H29020505.jpg
B地点付近。
とても穏やかで透き通っててコンデション抜群。
でもこの辺では釣れませんでした。
一度だけ良型のミズイカが追いかけてきて一瞬エギを抱いたように見えたんだけどすぐ離れちゃいました。
まあ、イカと目が合うくらいの距離でしたから・・・

ここらで昼食。
今日も旨いです。

H29020504.jpg
筏のほうを見ると二人の人影。
声は女性同志。
ライフジャケットも身に着けてましたし、本格的な感じでした。
ただ、あまり釣れてるようには見えませんでした。
他の筏には誰もいません。


午後の2時もまわってきたので午前中にミズイカが釣れた場所へ。
夜は飲み会があるので今日は早仕舞いの予定です。

H29020506.jpg
2.5kg以上
繰り返しますが、我が家の秤はそれ以上量れない。
映ってるエギは3.5号です。

この日は、この付近にイカが溜まってるようです。
ほぼ同じ場所で3杯釣れました。

慎重にやりとりしてたんですけど、最後にやられちゃいました。
H29020507.jpg
魚釣り用作業ズボンですからいいんですけど、さすがに舟の上では避けられませんでした。
サンダルの中もスミだらけ。


この後、もう1杯コブシメが釣れたけど小型だったのでリリース。

この日はこれで終了。
良い天気と釣果に恵まれ最高の一日でした。


なお、夜は屋仁川をはしごして無事死亡。
翌日曜日は二日酔いでほとんど寝てました(笑



2回分(温泉旅行+イカ引き)

またまたひさしぶりの更新。
おまけに2回分まとめてです。

1月13日~15日
鹿児島は指宿に行ってきました。
一応バドミントンの試合という名目になってますが、私の年齢から言わせれば温泉旅行。

初めての砂蒸しと普通の温泉。
砂蒸しいいですねえ!
腰がポカポカ・・・
写真は最終日のみ

H29011501.jpg
海岸沿いの砂蒸し温泉。
背景の山は開聞岳。薩摩富士ですね。
満潮近くだと海岸沿いの砂蒸しは入れないみたい。
料金も前々日に入ったホテルの砂蒸しより安かった。

H29011502.jpg
空港に向かう途中。
指宿スカイラインから写した桜島。
手前に市街地が広がってますね。右端は喜入の石油備蓄基地かな?

H29011503.jpg
帰りの飛行機から写した桜島。
こんなにはっきり見たのは初めてかもでした。


さて、次は釣行(イカ引き)
1月27日に行ってきました。
天気予報を見るとひさしぶり(ホント!)に良かったので思わず有休取っていっちゃいましたね。
が、このような行いに釣果はついてくるはずもなく、延々としゃくるはめに。
エギのロストもいつもの倍以上。
天気が良かったのと弁当がいつものように美味しくいただけたのが救いでした。

H29012701.jpg
いつものように生勝港を出港。
船尾には新年のしるし。

H29012702.jpg
透き通ってて天気も最高なんだけど。

H29012704.jpg
タエン浜付近の珊瑚。
これでもそれなり水深があって、舟は上を通れる。

H29012703.jpg
最後の最後にきたコブシメさん。2kgくらいかな。
袋に入れてしまったあとに写真撮る始末。

本日見たものコブシメ以外の海の生き物(大きい順)
・亀
・ダツ
・ヤガラ
・ガブネバリ(カンモンハタ)
・エソ
・子イカ
・小魚(いろいろ)

魚の活性は結構良かったんだけど、ポイント選択ミスでしょうか!?
次回に期待します。

やっと釣れた!


定休日の水曜日(12月7日)
天気よさげなので行ってきました。
釣果は3杯。
やっと釣れました。
午前9時過ぎ、いつものように生勝港を出港。
H28120701.jpg

一旦湾奥方面へ向かうも釣果なし。
いつものように枝手久島へ転戦。
午前11時頃、赤崎付近で3杯連続でキャッチ。
H28120702.jpg
1杯目。とてもよい引きの1.5kgサイズ。

H28120703.jpg
2杯目。ちょい小ぶりながら800gサイズ。

H28120704.jpg
3杯目。〆る前。1.5kgサイズ。
結局、この3杯のみで、その後の3時間は釣れずで終了。

H28120705.jpg
枝手久島付近の様子。
前回よりずっと澄んでる。

H28120706.jpg
B地点付近の釣り筏。
誰もいない。平日だもんな!


H28120707.jpg
港へ帰って上陸したら爆音。
上空を3機のオスプレイが飛んでた!



午前中のみの釣果であったが、久しぶりにイカさんの引きを味わうことができて嬉しい。
釣れると楽しいです。ほんと!
昼飯がいつもより美味しかったのは言うまでもありませんね!


今月中にもう一回行きたいと願う今日この頃です・・・
休みと天気次第かな?

釣れない(久しぶりの釣行)

1年掛けて3連敗。

10月26日
仕事が休みだったし、天気も良さそうなので宇検村へ行ってきた。

午前中は色々と用事があり、名瀬を出たのが11時過ぎ。


途中で弁当と飲み物を調達し、宇検村生勝に着いたのは12時過ぎでした。

もう昼だったので生勝の港で腹ごしらえを終え、出港の準備。
この前の台風(いつ頃?)から誰も舟を出していないのでロープなどを外して出港したのが午後の1時を過ぎた頃。

H28102601.jpg





今日は長くやるつもりもなかったので枝手久島方面へ直行。
まずは宇検集落側から。

H28102602.jpg
海、少し濁ってます。
前日から晴れてたから雨の濁りは少ないと思ったんだけどね!

魚(主にダツ)の活性が高く、エギを2本ロスト。
シーズン初だったので高級エギ(800円以上)を使用したから辛い!

風も穏やかで海面もベタ凪状態。
太陽は10月も下旬というのに陽射しが強く体感温度は非常に高い状態でした。

島をぐるっと回っていつものB地点。
小イカは見えるもののイカの当たりがないまま4時半まで粘ったが駄目でした。

H28102603.jpg

魚さんに見事にやられたエギ。
1本は穴まで空いてる! ジグ落とせば良かったか!?

リハビリみたいな感じで行ったけど、まあ港で食べた弁当が旨かったのでよしとしよう。

次は11月かな・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。